NoMachine 製品概要

高速でセキュアなリモートワーキング環境の提供
Xプロトコル圧縮技術による低帯域幅で高速リモートアクセスを実現

イタリアNoMachine社が提供するNoMachineは、WindowsやLinuxクライアントからLinuxサーバ等のデスクトップ、またはアプリケーションを操作するリモートアクセスソフトウェアです。設計エンジニアやCAD担当者がグラフィックス集約的なCadenceのような設計ツールにあらゆる場所(会社、遠隔事務所/支社、自宅など)から安全にアクセスできるようにします。NoMachineリモートアクセスソフトウェアは、半導体、金融、エンジニアリング、ITソフトウェア開発、小売、運輸、大学、公共研究機関など様々な分野での導入事績があります。

NoMachineリモートアクセスソフトウェアとグリッドスケジューラの構成例

NoMachineリモートアクセスソフトウェアは、独自のXトラフィックの効率的な圧縮(レイジー・エンコーディング・アルゴリズム)によるLAN、WAN、ADSL、ダイアルアップ接続あるいはインターネットから簡単に低帯域幅(平均20Kbps以上)でアクセスできるようになります。


NoMachine導入後のサンプル画面

NoMachine 特徴・機能

  • Xプロトコルの効率的な圧縮による高速化
    • Windows、UNIX、LinuxまたはMacなどのクライアントプラットフォームからのLinux Xアプリケーションへの高速アクセスを提供 
    • エンジニアがオフィス、自宅、ホテルなど遠隔地を含むどこからでも設計作業が行えるソリューション
    • WAN、ケーブルモデム、ADSLまたはダイアルアップ接続でも高速でリモートのXアプリケーションンにアクセスできます
    • 独自のXトラフィック圧縮による高速なリモートアクセスを実現
    • 独自のXトラフィックの効率的な圧縮
    • サーバとクライアント間で転送されるデータを格納し、再利用するためのキャッシュメカニズム
    • Xラウンドトリップの大幅な削減
    • レイジー・エンコーディング・アルゴリズム
  • デスクトップ、単一アプリケーションの表示
    • KDE/GNOME/XDMのサポート。
    • リモートサーバのデスクトップを、ローカルマシン上でフルスクリーン、またはウィンドウモードでデスクトップセッションを実行可能。
    • リモートサーバの単一アプリケーションをローカルのフローティングウィンドウに表示。クライアント側の設定で、実行したいアプリケーションを指定するだけで、その機能を利用することが可能となります。
  • Xセッションのサスペンドとリコネクト、およびシャドウイング
    • セッションのシャドイング:複数のユーザ間で同一アプリケーションの操作が可能。リモートヘルプデスクやブレインストーム・コラボレーションなど様々なシーンで利用できます。
    • ネットワークが切断されてもサーバ上のアプリケーションは維持されますので、再接続に作業を継続できます。
  • 負荷分散クラスタ環境
    • ロードバランス機能:クラスターとして接続されたノード間のセッションの負荷を分散します。
    • サーバの負荷のばらつきが適切にコントロールされるため、ユーザも、どのサーバで処理を行うか確認する必要がなくなります。
  • セキュアで利便性の高いアクセス
    • 全てのアプリケーショントラフィックをSSHで暗号化し、セキュアなアクセスを実現
    • サーバアプリケーションからクライアントのファイルシステムにアクセス可能

NoMachine 導入メリット

既存VNC環境の置き換えによる効率アップ
  • Xプロトコル圧縮技術や低帯域幅でのフロー制御の実装により、リモートデスクトップやアプリケーションを高速に表示できます。
  • 低帯域幅を使用するため、WAN、ケーブルモデム、ADSL、ダイアルアップ接続であっても、リモートXアプリケーションに高速にアクセス可能です。
  • サーバ集約化によるリモートからのアクセスや、WAN/モバイルでの利用など、様々なシーンでの活用が期待できます。
作業の利便性を高める機能
  • Xセッションは、サスペンドとリコネクトに対応しており、これまでのようにアプリケーションを中断することなく、作業の継続性が高まりました。急な停電やPCの故障などでもその効果が発揮されます。
  • セッションシャドーイングは、ネイティブ画面をリモートユーザに対して「参照のみ」の Xセッション(シャドー画面)として提供する機能であり、リモートヘルプデスクやブレインストーム・コラボレーションなど様々なシーンで利用できます。
負荷分散クラスタ環境
  • NoMachine Cloud と Enterprise Serverは、マルチノード間でのノードの負荷分散を行う機能を持っています。サーバの負荷のばらつきが適切にコントロールされるため、ユーザも、どのサーバで処理を行うかを確認する必要がなくなります。

NoMachine 導入事例

半導体企業A社

課題
  • 複数のオフィス・サイト・マシンでのアプリケーション実行
  • アクティブなセッションの切断と再接続の必要性
  • TightVNCの低いパフォーマンスと帯域の消費
ソリューション
  • NoMachine Terminal Server
  • Univa Grid Engine
フィードバック
  • アクセス速度の飛躍的向上
  • 自宅からのケーブルモデムやADSL回線による利用も可能に
  • グリッドスケジューラとの組み合わせによる、ユーザの負荷軽減
  • サーバの集約と負荷分散によるターンアラウンドタイムの向上
  • HWの稼働率向上によるHW数の大幅削減

大手半導体·エレクトロニクス·プロバイダー

課題
  • 世界中に位置する700人以上の従業員が電子メールおよび設計ツール等のアプリケーションにアクセス
  • 使用していたリモートアクセスソリューションの高いサブスクリプションコストと静的な機能
ソリューション
  • NoMachine Advanced Server
  • NoMachine Advanced Server Nodes
フィードバック
  • 世界中に散らばる従業員のデータアクセスが容易に
  • NoMachine Serverへの多くの管理接続を一度にサポート
  • 以前の製品と比較して価格の点で大幅に低く、大幅なITコスト削減を達成
  • NoMachineの一貫して更新され拡張され続ける機能が利用可能
  • 非UnixマシンによるUNIXベースシステムへのアクセス

European Synchrotron Radiation Facility:ESRF(ヨーロッパ放射光施設)導入事例

課題
  • ゼオライトの化学構造解析にも利用された、欧州18カ国で共有される、ナノ磁石から生体分子まで広範囲に対する新発見のための光ビーム利用に協力する共同科学施設で、毎年実験のために600人の研究者と6000のマシンを採用。
  • 世界中の科学者が必要とするESRFのリソースと技術へのアクセスが困難
  • 無制限のリモートサービスによるグラフィカルアプリケーションのリモート実行が必要
  • 高度なアプリケーションへのアクセスにおけるVPN接続の速度的な限界
ソリューション
  • NoMachine Enterprise Server
  • NoMachine Client
フィードバック
  • NoMachineは簡単にインストール可能
  • NoMachineのセッション復元機能により、長期間のアプリケーションの効率的な実行が可能
  • ESRFを訪れることなく、モバイル環境から世界中の科学者がどこからでもリモートでデータ分析が可能
  • 今までで最高のリモートアクセスパフォーマンスを実現
  • リモートによる実験方法がESRFの標準に
  • NoMachineの導入はESRFを利用するための意思決定に一石を投じ、たった1ヵ月で世界中から何百人ものユーザーが増え、その後も増加し続けている

Information

製品実績企業

主なユーザー

HP、グーグル、SAP、シーメンス、モトローラ、フィリップスセミコンダクターズ、ノキア、東芝エレクトロニクスヨーロッパ、アクサテクノロジーサービス、シンバイオテクノロジーズ、Trolltech、Wind Telecommunicazioni、H3Gイタリア、BNPパリバ、ネクサスファイナンシャル、ルフトハンザ航空、ロップホール、フランスマースセントジュードの小児研究病院、他